• ホーム
  • まつ毛パーマはロッドとビューラーの2種類!それぞれのメリット・デメリット

まつ毛パーマはロッドとビューラーの2種類!それぞれのメリット・デメリット

2020年03月18日

上向きまつ毛は女性にとってかわいい目元を作るための重要な要素といえるでしょう。ビューラーで癖付けをして、マスカラで固定するというような方法や、つけまつ毛やエクステをつけてボリュームアップさせる方法もありますが、自毛を上手に使用したパーマにチャレンジしてはいかがでしょうか。
サロンによって、まつ毛パーマを行う方法が異なっており、大きく分けてビューラー法とロッド法の2つの方式があります。

まずは、ビューラー方式です。まつ毛にパーマ液をつけてホットビューラーを挟んで癖付けをするという方法です。メリットは安価なことと、多くの美容師がこの方法を選択していることが挙げられます。ポピュラーな方法ですので、初めての人でも受け入れやすいのではないでしょうか。
デメリットとしては、ナチュラルすぎる仕上がりになりやすいことです。もちろん、自然な仕上がりを好む人も見られますが、お金をかけたにもかかわらず、ビフォー&アフターがわかりにくいという結果に残念な気持ちになったという人も見られます。ただし、普段のアイメイクの時間を省くことができるようになるメリットがあります。

次は、ロッド方式です。こちらは私たちの髪の毛のパーマと同様ロッドを用いてくせ付けします。
ロッドはサロンごとに形は異なりますし、長さやカールの角度によってたくさんのロッドが用意されています。デザインすることもできるため、人気があるパーマの一つです。メリットは、パッチリ目を作ることができるほどしっかり上向きカールを作れることです。デメリットは、カールの持ちが短いことが挙げられます。1ヶ月程度でカールが取れ、元の角度に戻ります。もう一つのデメリットとして、ビューラー方式よりも費用が高くかかることです。頻繁にサロンへ通う必要があるため、コスパが悪いと感じる人もいるようです。

いずれの方法もサロンでパーマをかけたときは上向きでかわいらしい仕上がりが期待できます。

また、サロンではどちらの方式でまつ毛パーマを取り入れているのか確認してから依頼することもポイントです。サロンによっても熟練の技を持っている人やそうでない人の違いでも施術に差が出てしまいます。このようなメリットとデメリットを考慮しながらサロン選びをして自分がなりたいまつ毛を目指しましょう。できるだけ施術例が多いサロン、施術のビフォーアフターを提示してくれるお店などをSNSなどで発信しているサロンを選ぶこともおすすめです。